ノキアなど携帯各社の凋落続く、対iPhoneに打つ手少なく

スマートフォン市場はiPhoneがブッチギリだと書いてあるが、iPhoneはスマートフォンではないという気がするがどうだろう?


iPhoneはあくまで携帯マルチメディアプラットフォームであって、スマート化した通信端末や、モバイルコンピューティングではないと思える。


日本のガラパゴスケータイは、なんでもハード的に仕込んであるが、じきにスマートフォンが進化してくると、ソフトウェア的に実装した端末によって淘汰されるのではないかと思える。ハード的に意趣を凝らしていた日本のPCが、コストと汎用性で上回るPC/AT互換機に駆逐されたように。


Dellは更に、必要な機能、スペックを細かく注文して、要らんものはつけないようにオプション選択できるようにして、爆発的に売上を伸ばした。


たぶん、PCで起ったことは、スマートフォンでも起きるのではないかと思える。


そうなった場合、端末メーカーはAndroidケータイを作れば良いとして、キャリアはどう対応していくべきなんだろう?


端末が汎用的になって、SIMロックも解除になったら、各キャリアは料金プランと、サービスエリア以外に差別化する要素がなくなるような気がする。


それとも、無料アプリやクラウドサービスの提供合戦になるんだろうか?


現状のケータイアプリの開発は超短納期の低単価で、クソ仕事の典型と言われているが、スマートフォンが普及した場合は、モバイル用アプリ開発の仕事は、エエ仕事になるんだろうか?


アスタリフトホワイトの全てを徹底研究!アスタリフトホワイト口コミ決定版

再送:ノキアなど携帯各社の凋落続く、対iPhoneに打つ手少なく